ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

アンの時代を揺るがす、次なる潮流は生まれるか/2012年国内女子ツアープレビュー

2012年の国内女子ツアーは、「アース・モンダミンカップ」(6月22日~24/千葉県・カメリアヒルズCC)と「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」(7月20日~22日/茨城・イーグルポイントGC)の2試合が新規開催となった。その一方で、2000年から開催されてきた「SANKYOレディース」が撤退し、昨年比2増1減の計35試合で展開される。

シーズン開幕を前に、有村智恵が開幕戦から3試合の欠場を表明。昨年8月に痛めた左手首の経過が思わしくなく、苦渋の決断を強いられた。第4戦「ヤマハレディースオープン葛城」からの復帰を予定しており、ほぼ一ヶ月もの出遅れは大きな痛手。賞金女王争いにも影響を及ぼすことになりそうだ。

その中で今シーズンも女王争いをリードするのは、3年連続の戴冠に挑むアン・ソンジュか。プレーのみならず日本語も年々上達を見せ、日本の生活と文化にもすっかり溶け込んでいる。昨シーズンは計画的に休養を取り、21試合の出場にとどめながらも4勝をマーク。その強さは磐石さを増し、他の追随を許さない圧倒的なプレー内容だった。2012年もアンを中心に展開されることに疑いの余地はないだろう。

アンの3年連続女王を阻止すべく包囲するのは、09年以来の女王奪還を狙う横峯さくら、メジャータイトルと共にさらなる飛躍が期待される馬場ゆかり、昨シーズンを賞金ランク2位で終えた李知姫ら、タイトル争い上位の常連たち。そして、次なる世代交代の旗手を担うであろう森田理香子服部真夕。さらに昨シーズン初勝利を手にした野村敏京金田久美子笠りつ子藤本麻子らスター性を秘めた若手たちが、世代交代が進むツアーにさらなる新風を吹き込む存在となり得るか。

また、今シーズンから新たに導入されたポイントレースにも注目だ。選手には試合ごとに、順位と出場ラウンド数を元に換算したポイントが付与され、最終的にトップで終えた選手に『メルセデス最優秀選手賞』が授与される。賞金女王争いと並び、今年から新設されたMVP争い。選手たちのモチベーションを高めるとともに、よりエキサイティングな展開をツアーにもたらしてくれるだろう。

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~