ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

おむつ821パックを大王製紙が児童福祉施設へ寄贈

2021/01/07 17:47

国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」(11月18日開幕/愛媛・エリエールゴルフクラブ松山)を主催する大王製紙(本社・東京都千代田区)は7日、2020年大会のトータルバーディ数821個と同数の同社製品(ベビー用おむつ、女性用ナプキン)821パックを愛媛県下の児童福祉施設(20施設)に寄贈すると発表した。

同社は1982年の第1回大会からチャリティによる地域貢献活動を行ってきた。2020年大会はコロナ禍のために無観客だったが、出場選手からも賛同を得て、「Always Keep Smiling!」をスローガンに実施した。

<< 下に続く >>

順次寄贈される予定だが、担当者は「小さな子供を助けていきたいし、寄贈する先の子供にも笑顔になってほしい」と説明した。

19年大会は渋野日向子が優勝し、20年大会は古江彩佳が制した。21年は40回大会となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!