ニュース

国内女子日医工カップの最新ゴルフニュースをお届け

金井智子が逆転でプロ初優勝を飾る/日医工カップ最終日

富山県にある八尾CCで行われているステップアップツアー第4戦「日医工カップ」の最終日、薄明るい曇り空の下、混戦の優勝争いを抜け出したのは、金井智子だった。

首位と2打差の3位タイからスタートした金井は、前半に一つスコアを伸ばして折り返す。後半に入ると、13番でバーディを奪ったものの、14番、15番で連続ボギーを叩き、通算2アンダーまでスコアを落とした。しかし、そこからが金井の真骨頂。迎えた16番は「好き」だというパー3。ここで7mのバーディパットを沈めると、続く17番では1.5m、最終18番も残り82ヤードをSWで30cmにピタリとつけて、上がり3ホール連続のバーディで、単独首位となる通算5アンダーでホールアウトした。

<< 下に続く >>

1打差の4アンダーで追いかける最終組のイ・ナリ(韓国)だったが、18番の3打目はグリーン奥にこぼして、そこからのアプローチも入らない。この瞬間、金井の嬉しいプロ初優勝が決定した。

その時をロッカールームで迎えたという金井は、「まさか優勝出来ると思っていなかったので、どうしようと思いました」と笑う。大会前は地元沖縄で、宮里優氏の指導を受けスイングの微調整を行った。ゴルフの調子は良いというが、鮮やかな逆転勝利にまだ実感が湧かないといった様子だった。

この優勝で、「スタンレーレディス」から4試合のレギュラーツアーの出場権を獲得。今年の目標はレギュラーツアーでのシード権獲得を挙げているが、推薦での出場もあと2試合ほど決まっているそうで、「(シード獲得も)この調子ならいけそうな感じです」と、金井は目を輝かせた。

通算4アンダー、1打差の2位タイには、イ・ナリ姜如珍が続き、通算2アンダーの4位タイに、古田裕美子、日下部智子、小澤瑞穂の3人が入った。2日目を首位からスタートした西山ゆかりは「75」とスコアを崩して、7位タイで大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 日医工カップ

  • 2009/07/02~2009/07/03
  • 優勝:金井智子
  • 賞金総額:1,500万円
  • 八尾CC(富山)



特集SPECIAL

「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!