ニュース

国内女子富士通レディース 2020の最新ゴルフニュースをお届け

プレッシャー掛け過ぎた自分を反省 古江彩佳は連覇ならず

2020/10/18 16:23


◇国内女子◇富士通レディース 最終日(18日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6659yd(パー72)

初日47位と出遅れた前年優勝の古江彩佳は2日目14位、最終日は7バーディ、1ボギーの6アンダー「66」で追い上げて、通算5アンダーの2位フィニッシュ。最終組の4組前でクラブハウスリーダーとして後続のプレーを待ったが、2打差で首位に立つ申ジエ(韓国)が18番でパーオンしたのを確認して、勝負が決まったことを受け入れた。

<< 下に続く >>

悔やんだのは「74」と出遅れた初日のプレー。ディフェンディングチャピオンでホステスプロの重圧に「落とせないと自分にプレッシャーを掛けていた。笑顔がなかったです」と振り返る。プロ初優勝を挙げた9月「デサントレディース」に続く「日本女子オープン」でも同様に入れ込み過ぎて、うまくいかなかった反省があるという。

「開き直れた」という最終日は、前半の6ホールまでで4バーディ。13番のティーイングエリアで上位が伸びていないことを確認すると、ギアを入れ直して以降4ホールで3バーディと首位に迫った。

大会連覇には届かなかったが「諦めない気持ちで戦えた」と納得の表情を見せた古江。「良い状態で来ていると思うので、それを崩さず楽しんで試合をやっていきたい」と残り少なくなった今年を見据えた。(千葉市緑区/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 富士通レディース 2020




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!