ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

長野でインドア練習場監修の青山加織 GOLFZONと契約

2020/03/28 09:04


女子プロゴルファーの青山加織がシュミレーターゴルフブランドのGOLFZON Japanとアンバサダー契約を結んだ。拠点にする長野県岡谷市で、同社の最新機器を導入した室内練習場を監修し昨年11月にオープン。施設内でのレッスンを行う傍ら、YouTubeにレッスン動画をアップするなどシュミレーションゴルフを利用しゴルフの魅力を発信している。

諏訪湖がまたがる標高800mほどの岡谷市はスポーツに最適な環境だという。諏訪レイクヒルカントリークラブがある同市はゴルフも盛んだ。ただ「練習をしに行くのに一つ峠を越えていかないといけなかったりする。ラウンドはみんなやるけど、気軽に練習に行けないんですよ」と青山。2017年2月に結婚した夫の地元に拠点を移してから、気軽に練習できる環境を求める周囲の声も耳にしていた。

「(拠点を移し)周りに練習場がなかったからまずは自分が練習する打席を用意しないとダメだと思ったんですけど、他の方々からも練習できる環境が欲しいと言われたので、オープンしました。出場する試合数にもよりますけど、基本的はここ(岡谷市)を拠点にして活動しています」という。契約について「GOLFZONのシミュレーターを使って、私自身のゴルフ技術の向上、そして沢山の方々にゴルフを気軽に楽しんで頂けるようにシミュレーターの魅力を発信していけたらと思っております」とコメントした。

室内練習場は8打席、パター練習場やアプローチ練習場も完備した。青山は試合出場がない期間は自らレッスン生を指導し、師匠・岡本綾子に教わったことも参考にした動画などをYouTubeチャンネル『GOLFavoゴルファボ』にアップしている。

シュミレーションゴルフは韓国がより盛んで、同社は2015、16年賞金女王のイ・ボミ(韓国)らとも契約を結ぶ。同社は「青山加織プロは、常に高い目標に向かって粘り強く努力するひたむきさと、情熱的でアグレッシ ブなプレースタイル、ゴルフやビジネスに対してもチャレンジしていく姿勢が、当社の基本理念である『Passion(情熱)』、『Challenge(挑戦)』、『Tenacity(粘り強さ)』と合致し、ゴルフシミュレーターを通して多くの人にゴルフを楽しんで欲しいという思いが一致した」と述べた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!