ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太 今週のキャディは“日本一”のトップアマ

2017/11/25 17:40


◇国内男子◇カシオワールドオープン 3日目(25日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

今季は米ツアーへのスポット参戦のため、前半戦の多くを海外で過ごした池田勇太。国内ツアー復帰後は、各会場でハウスキャディを帯同する機会も多い。シーズン終盤戦「カシオワールドオープン」で相棒を務めるのは、つい先日“日本一”になったばかりの28歳だ。

井上貴弘さんは前週、熊本県で行われた「日本ミッドアマチュアゴルフ選手権」で優勝。25歳以上の男子アマの頂上決戦を制した。普段はここKochi黒潮カントリークラブで社員としてキャディを務めており、今回は“社命”で池田のバッグを担ぐことになった。

ゴルフは父の影響で高校生の時に本格的に始め、その直後には当地でもプレーするようになった。プロを志したことはないが、過去に2回「日本アマチュアゴルフ選手権」にも参戦経験のある実力者(来年度も出場予定)。県立高校に通いながら、国体選抜を選ぶ大会では明徳義塾高時代の松山英樹とラウンドしたこともある。

そうはいっても、ツアー競技でキャディを務める緊張感は別物だ。「全然違います。ミッド(アマ選手権)の時のは、屁みたいなもんです」と言う顔も真剣そのもの。「特に今週の選手はトッププロで、賞金ランキングも今4位ですよね。去年の賞金王ですもんね…」

年上の池田からは「あぶない刑事」ばりに「タカ!」と呼ばれ、ラウンド中はズンズン早足で歩くボスを懸命に追いかける。わずか1試合のタッグとはいえ、自身の今後のプレーにも活かせそうなポイントが、そこら中に転がっているようでもある。「いつも勉強になります。ピンチの時は時間を長く取って、流れが来ているときはプレーが早くなる」と感心しきりだ。

池田はこの日、「67」をマークして通算5アンダー13位タイに順位を上げたが、「全然ダメだ。ショットがどこに行くか、クラブに聞いてくれよ!」と自身の状態については吐き捨てるばかり。そんな姿もトップアマにとっては「どんなに良くても、絶対に納得しないんですよね…」と感嘆する材料でもある。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。