ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

シード権ボーダーラインの選手が優勝争いに興味津々の理由

◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 3日目(19日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎) ◇7027yd(パー71)

3日目を終えたリーダーボードのトップ10に、日本ツアー初参戦となる海外招待選手4人が名前を連ねた。通算15アンダーの単独首位に立つブルックス・ケプカを筆頭に、単独2位のジャスティン・トーマス、5位タイのスマイリー・カウフマン、10位タイのハロルド・バーナーIII。世界で活躍する選手たちによる優勝争いはファンの興味が注がれるが、日本ツアーで戦う選手にとっても、この4人の成績は関心ごとの一つ。それは、彼らの最終日の結果により、来週の「カシオワールドオープン」で決まる国内ツアーの来季シード争いに影響を及ぼす可能性があるからだ。

賞金ランク上位60人には来季の通年出場資格(第1シード)、75人までには秋口までの出場資格(第2シード)が付与されるが、規程の義務競技試合数に満たない選手はシード争いのリストから除外され、その人数分だけシード獲得ラインが下位に繰り下がる。現時点でシード圏内の対象外は6人(※)おり、第1シードは62位(1365万7213円)、第2シードは81位(934万1447円)まで降りている。

仮に、現状のスコアボードのままで大会を終えた場合、優勝4000万円、2位2000万円を加えた海外勢2人が第1シードに飛び込み、そのラインは64位まで降りる。さらに64位のジョーダン・スピース、65位のワン・ジョンフンも除外対象のため、66位のチャン・キムまで繰り下がることになる。単独4位(960万円)以上で終えても第2シードの圏内に入ってくるだけに、変動する可能性は小さくないだろう。

ラインが下がれば、当然ながら恩恵を受ける選手も増えてくる。賞金ランク58位で、第1シード争いの渦中にいる香妻陣一朗もその1人。姉の香妻琴乃は今週の「大王製紙エリエールレディスオープン」で惜しくも来季シードを逃して涙したが、弟は今週の結果次第で、第1シード入りへ前進することも考えられる。

今季は対象外の選手が例年よりも多いが、その理由は、海外との共催競技が4試合(SMBCシンガポールオープン、レオパレス21ミャンマーオープン、パナソニックオープン、アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップ)に増加したことも一因にある。シード権ボーダーラインの選手は「カシオワールドオープン」に乗り込む前に自分の位置を確認する意味でも、明日の結果は気になるところだ。(宮崎県宮崎市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ダンロップフェニックストーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。