ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

進化を確信する逆転V 小平智が得たモンスターコース再挑戦の権利

2016/10/23 18:42


◇国内男子◇ブリヂストンオープン 最終日(23日)◇袖ヶ浦CC 袖ヶ浦C(千葉県)◇7119yd(パー71)

3年前のリベンジへの思いが、初日91位からの逆転劇を呼び込んだ。首位と3打差の5位から出た小平智が5バーディ、1ボギーの「67」でプレーし、通算14アンダーで今季初優勝。2013年以来2度目となる世界ゴルフ選手権「WGCブリヂストン招待」(2017年8月)の出場権を獲得し、「打ちのめされた記憶を払拭したい」と語気を強めた。

<< 下に続く >>

世界のトップ選手が集い、4日間予選カットなしで行われるビッグトーナメント。総距離7400ydのモンスターコース(米国オハイオ州/ファイヤーストーンCC)で一度もアンダーを出せず、通算13オーバーの下位で終えたことは今も苦い記憶として残っている。優勝して、再びあの舞台に戻りたい――。今週は、ファイヤーストーンへの再挑戦を「すごく意識していた」4日間だったという。

海外志向の強い27歳は、いつでも米国や欧州のツアーに挑戦できるよう準備を整えてきた。タフなコースセッティングに対応するため、オフはアプローチとロングアイアンの練習に注力。今年7月からロフト58度のウェッジを60度に替えたことも、アプローチの引き出しを増やしたい意識の現れだ。

この日も、要所で磨きをかけてきたアプローチが光った。1打リードの単独首位で迎えた最難関の後半14番では、グリーン左手前ラフから20ydを60度でピンに絡め、危なげなくパーセーブ。「緊迫した場面で、あそこをすんなり抜けられたのは大きかった。成長できた部分だと思う」と胸を張り、逆転優勝につなげた一番のポイントに挙げた。

スタッツを見ても、総合的な底上げが見てとれる。主要9部門の成績を数値化した「Unisysポイント」では、キャリアベストの3位と上位をキープ。この日についても「スーパーショットがあったわけではないし、実力で最終日を勝てた実感がある」と、勝つべくして勝ったという確信を言葉に込めた。

「ファイヤーストーンで自分の実力が試せるという意味では、良い機会が与えられたと思う。技術も上がっているし、あのときとは違うゴルフができると思っています」。待ちに待った再挑戦まで、あと10カ月だ。(千葉市緑区/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!