ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ドンファン、ランキング25位以内への挑戦

2012/09/20 18:27


来季の米国男子ツアー出場資格を狙うドンファン(韓国)が、「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」の初日に3アンダーをマークして26位タイにつけた。「前半はチャンスでパッティングが決まってくれたので、3バーディが来ましたが、後半はチャンスで気持ちが入り過ぎてバーディパットは決められなかった。でも、ノーボギーのラウンドには納得です。4日間、平常心でやりきりたい」と、今大会の豊富を語る。

今大会を終えて賞金ランキング25位以内の選手で、米ツアー挑戦を希望する上位7名まではクオリファイの1次が免除になる。米ツアー挑戦を表明しているドンファンは、先週の「ANAオープン」で6位タイに入り379万円を獲得して21位まで浮上してきた。

<< 下に続く >>

しかし、現時点で25位との差は約100万円しかない。今週、予選落ちをした場合26位以下に転落する可能性もある。ドンファンの読みでは、現状の上位25位以内で日本人選手はほとんど米ツアーのクオリファイに挑戦しないとみているため、韓国人選手が全員出場したとしてもドンファンは上位7名に入る予定。従って、25位以内をキープすることが最低限の条件となっている。

「今日の後半も少し出てしまったのですが、入れたいとか気持ちが強くなってしまい失敗することが多いので・・・。今季はクオリファイのことが頭にあって、優勝すれば賞金ランキングも上位に入るからと、優勝ばかり意識しすぎて空回りしてしまいました。10月末の時点でトップ10以内(かつ挑戦意思のある上位3人)に入って、クオリファイのファイナルからの資格を取れたら最高なのですが、まずは今回の25位以内をクリアできれば、10月末まで日本でプレーも出来ますので・・・」と、シーズン序盤から抱えていた葛藤と現在の心境を語る。

今大会はアジアンツアーとの共催ということで、日本以外からも強豪選手が多数出場しているが「今の自分には、どの選手に勝とうとか全く考えていません。敵は自分自身ですから。いかに平常心でゴルフができるかで、結果に現れますので自分に勝つことだけを考えます」と、残る3日間もミスを最小限に抑えてスコアを伸ばすことだけを考える。(兵庫県三木市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!