ニュース

国内男子サン・クロレラ クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹が40位タイで決勝ラウンド進出

2011/07/29 20:07


北海道の小樽カントリー倶楽部で行われている国内男子ツアー第10戦「サン・クロレラクラシック」2日目。初日「73」で1オーバーの61位タイからスタートしたアマチュアの松山英樹は、終盤に盛り返して「71」。通算イーブンパーとして40位タイに浮上し今季プロツアー初の予選通過を果たした。

出だしのつまずきを土壇場で取り返した。前半12番(パー3)で、まさかの4パットによるダブルボギーを叩いた松山は、グリーン上で苦しみ前半を「37」。しかし後半3番でボギーを叩いて通算3オーバーとしてから、粘り強さを発揮した。

5番で4メートルを沈め、6番ではバンカーからの第3打を2メートルにつけて2連続バーディとすると、8番では残り95ヤードの第2打をサンドウェッジでピンそば1メートルにピタリ。この日4つめのバーディでイーブンパーに戻し、決勝ラウンド進出を決めた。

4月の「マスターズ」で日本人初のローアマ獲得という快挙を成し遂げ、今季初の国内プロツアー参戦となった前週の「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップゴルフトーナメント」では予選落ち。「2試合連続で落ちるのは嫌だった。ホッとしています。(予選通過)圏外からよく戻ってこれた」と久々の笑顔をのぞかせた。

首位とは13打差と開いたが「ホテルに帰ってからもパターの練習をしたい」と意欲。難コースでの戦いに刺激を受けながら「明日からは60台を目指して頑張りたい」と力強く語った。【北海道小樽市/桂川洋一】

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 サン・クロレラ クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。