ニュース

国内男子ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】首位発進の増田伸洋、千葉CCの攻略法は「ナイショ」

26日(木)に開幕した国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ」。上田諭尉、金度勲(韓国)と並んで初日首位に立った増田伸洋は、開催コースの千葉CC梅郷コースを誰よりも知る選手、と言っても、言い過ぎではないだろう。

グリーンの荒れる午後、インからスタートした増田は前半から飛ばした。13番(パー3)、7番アイアンでピンそば20センチにつけるスーパーショットを見せると、続く14番(パー5)では、残り250ヤードの第2打を5番ウッドで2オンに成功。15メートルのパットを沈め、イーグルを奪った。その後も3つのバーディを重ねて「66」をマーク。トップタイの発進に自然と笑顔がほころんだ。

増田は18歳でゴルフを始めた当時から8年間、研修生として同コースに所属。朝からキャディを務め、その後はコースの球拾いに精を出し、日没間際の夕方にラウンドする毎日を過ごしてきた。所属プロとコース内でタケノコを刈ったり、練習場の裏の池でブラックバスを釣り上げたこともある。現在の千葉県内の自宅からも自動車で10分。開幕前日までは自転車でコースに姿を見せていた。

だからこそ、このコースで行われる今年の大会に懸ける思いは人一倍強い。「他のトーナメントで頑張ってね、と言われるよりはここで勝ちたい。ゴルフ場の人にも恩返しがしたい」と意気込みも並々ならないものがある。

両サイドを背の高い松林に囲まれ、フェアウェイが絞られた名門コース。ラフも深く、多くの選手がそのセッティングに頭を悩ませる中、38歳は「ひとつのホールでも、こっちのラフはいいけど、こっちのラフはダメというところがある」と“一段階上”の攻略ルートを蓄積しているようだ。その攻略のコツを問えば「(優勝への)ハンデが欲しいな。内緒」と苦笑い。頭の中に叩き込まれたコースガイドは、しっかりと胸の奥にしまい込んだ。(編集部・桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。