ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

米国挑戦か賞金王か 木下稜介の悩ましい終盤戦

2021/09/24 08:49


◇国内男子◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 初日(23日)◇城陽CC (京都)◇6967yd(パー72)

ツアー2勝の木下稜介がボギーなしの7バーディ「65」で回り、単独首位で滑りだした。「ティショットでしっかりフェアウェイキープできたのは良かった」。ピンチらしいピンチは14番。アプローチミスしてピン奥4mのパーパットを残したが、しっかり沈めた。

<< 下に続く >>

奈良県にある自宅から車で1時間かからないコースは、アマチュア時代に試合会場だったこともあり、プロ転向してからも知り合いの縁を使って「1カ月に1回ほど」通っていた。慣れ親しんだコースに加えて、今年は6月の国内メジャー「日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills」、「ダンロップ・スリクソン福島オープン」と2週連続優勝をしたことで自信にも満ち溢れている。

「ショットが安定していて、自信を持って思った球を打てている」。今大会前の2試合でも5位タイ、3位タイとトップ5をマーク。「メンタルの状態もいい。そこが一番」とうなずくが、調子がいいからこそ解消できない、悩ましい問題もある。

2020年と21年でシーズン統合された今季は20試合を終えて8279万5981円を稼ぎ、トップの星野陸也に次いで賞金ランキング2位につけている。星野との差は約92万円で、年間王者の座も狙える位置にいる。

一方で、10月の「ブリヂストンオープン」を終えた時点で同ランク5位以内をキープできれば、米下部コーンフェリーツアーの予選会にファイナルステージ(11月4日~)から参戦出来る。ただ、渡米して予選会を戦い、帰国後に2週間隔離となれば、国内ツアーは最低3試合には出場できない。5年シードを保持する木下は「全英オープンとWGCを経験して、そのフィールドで、世界でやりたいとなった。でも賞金王にもなりたい」とさいなまれている。

歴代賞金王には尾崎将司青木功中嶋常幸をはじめ、同学年の松山英樹石川遼らの名前もある。同い年ながら背中を追ってきた2人と同じ称号を手にすることが出来るかもしれないとなれば、簡単には捨てられない。「(米下部予選会の)締め切りまで悩み続けようと思います」。茨の道ではあるが、両方とも手にできる道もまだ残されている。(京都府城陽市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!