ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、予選会での「全英オープン」出場ならず!

2008/02/05 18:37


オーストラリアのシドニーにあるザ・レイクスゴルフクラブで5日(火)、1日36ホールで競われる「全英オープン」の予選会が行われた。出場選手56名中、メジャーへの切符を手にできるのは上位4名。決して狭き門ではない中で、注目は石川遼に集中した。

石川のプロデビュー戦でもある今大会。その記念すべき最初のホールは、ティショットを左に大きく曲げてしまいボギーとしてしまう。「ドライバーが課題ですね」と振り返る通り、主に左への曲がりが目立ち、スコアメイクに苦しむ場面が多かった。それでも前半の18ホールを4バーディ、3ボギーで凌ぎきり、1アンダーの10位タイ。予選突破への期待を抱かせる中で、後半の18ホールに臨んだ。

その出だしとなる1番パー4、第2打を1.5メートル弱につけ、バーディ発進。2アンダーとして、予選突破の圏内に入りこんだ。しかし、直後の2番。ティショットを左の林に打ち込むなどして、痛恨のダブルボギー。これでリズムを崩したのか、5番、6番を連続ボギーとしてしまい、通算2オーバーで27ホールを終える。

わずかな望みを託して迎えた最後の9ホールだったが、出だしの10番で放ったティショットがロストになるなど、この日2つ目のダブルボギー。しかし、続く11番パー5で見せ場を作る。池越えの第2打、残り246ヤードを2番アイアンで放ち、見事ピン手前1.5メートルに2オン。これを沈め、プロ初となるイーグルを奪取した。

このまま勢いに乗りたいところだったが、14番をダブルボギー、15番もボギーとし、最終的には通算4オーバーの41位タイ。後半は1イーグル、2バーディ、3ボギー、3ダブルボギーの5オーバーと、出入りの激しい内容となってしまった。今週2月8日(金)からは舞台をハワイに移して、男子のゴルフ競技「パールオープン」に出場する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。