ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

宮瀬博文、悲しみを乗り越えて!

「中日クラウンズ」大会前日のプロアマ戦に昨年度の覇者、宮瀬博文の姿がなかった。先週の「つるやオープン」最終日の日曜日に父・匡(ただし)さんが肺がんのため亡くなられたためだった。宮瀬は日曜日の帰りの車の中で訃報の知らせを受けた。

今週に入り火曜日に通夜、水曜日のプロアマ日に告別式を行い、その足で名古屋入りした。ぶっつけ本番という状態で試合に臨んだ宮瀬だが「不安はないですよ。ただ、いつも試合前に1時間練習をしますが、今日は1時間30分行いました」。

招待選手のタッド・フジカワ片山晋呉とスタートした宮瀬。1番ではセオリーどおりグリーン手前からアプローチでピンそばに寄せバーディ。さらに523ヤードの2番パー5では2オンに成功しバーディと好調なスタート。しかし、4番、7番でボギーを叩くと、14番ではティショットを2連続OB。「慎重にいこうと思いすぎた」というこのホールでプラス5打の「9」を叩いてしまった。

15番、17番で2つのバーディを取り返し3オーバー71位タイでフィニッシュ。「何とか望みはつなげたかな」とこの日のラウンドを振り返った。

昨年の後半から体調を崩していた父・匡さんだが、今年2月には宮瀬が出場したハワイのパールオープンに向かうため、成田まで車で送ってもらったという。「その時は元気でした。それから2ヶ月ですから・・・早かった。そういう病気らしいので。早く、良い報告が出来るように頑張りたいです」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。