ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、新生スイングと新兵器で挑む!

2008/06/18 16:52


「ミズノオープンよみうりクラシック」の開幕を翌日に控え、18日(水)にプロアマ戦に出場した石川遼。2週間に渡るオープンウィークではドライバーだけで4000球も打ち込み、スイングの矯正に費やしてきた。今週に現地入りした後も調整を続け、「月、火、水で、だいぶ良くなってきました」と石川。その成果が目に見えて表れたのが、初日のスタートホールでもある10番パー4だ。

打ち下ろしとはいえ、グリーンまで345ヤードの距離をワンオン! ティグランドでガッツポーズを見せた。しかも実際にはグリーンをオーバーしており、奥のバンカーにまで達していた。「トレーニングによってついた腰、お腹、背中などの筋肉を、うまく使えるようになったと思います。インパクト直前で力が入る悪い癖があったので、それを意識して練習をしてきました。体の回転がスムーズになって、力を入れなくてもヘッドスピードが出るようになりました」。

体力の激しい浪費とスイングプレーンの乱れが生じやすいフルスイングを封印し、飛ばす筋肉をフル活用して体の回転でボールを飛ばす“新生スイング”。「試合でも今日みたいにスムーズなスイングをしたいですね。まだ3球に1球しか良いスイングができていませんが、スコアを少しずつ求めていけるような状態になってきました。明日はどういうプレーができるか楽しみです」と意気込みを語った。

さらに、この日はドライバーのヘッド体積を450ccから400ccと、一回り小ぶりのモデルに変更。「自分のスイングが良ければ、すごく飛ぶ」と明日も継続して使用する予定だ。明日の午後12時28分、この日最高のティショットを放った10番からティオフする石川。「最近は出だしのホールでしっくりいっていないので、今日のようなショットができれば最高ですね」と笑顔を見せた。一日を占うと言っても過言ではない朝イチのティショットに、注目が集まる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 ~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。