ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、ドライバーショットに不安も、2日連続のアンダーパーに納得!

2008/08/22 20:11


関西オープン2日目を迎えた石川遼。この日は朝から涼しい風がコース内を吹きぬけ、8月とは思えない絶好のゴルフ日和となった。石川がスタートした8時36分は、肌寒ささえ感じるほどの気温だった。

1番パー5、ドライバーでのティショットは、ほんの少し左方向に飛び出した。「やばい、とは思いましたが、池までは届かないかな・・・」と思ったという石川だが、ボールは池の手前のラフで跳ねると、そのまま池の中に姿を消した。初日はノーボギーでラウンドし、自身も珍しいラウンドと話すが、2日目はスタートホールでボギーを叩いてしまった。

その後はショットも立ち直り、ラフには入れるがアイアンショットやアプローチのリカバリーでパーを拾う。そして、6番パー5もティショットではフェアウェイを捉えなれなかったが、3打目のアプローチでピンまで50センチに寄せバーディ。7番もラフからの2打目でピン奥1.5mに付け連続バーディを奪った。

後半も2つのバーディを奪うが、いずれもパー3。17番のパー3ではピン手前4mに付けると、久しぶりにスパイダーマンポーズでラインを読みきり、この時点で10アンダーまでスコアを伸ばした。ところが最終18番はティショットが右サイドのバンカーに捕まり、2打目は20ヤード先に出すだけ。3打目も大きくショートしダブルボギーの可能性もあったが、2メートルのボギーパットをねじ込み通算9アンダーでホールアウトした。

「結果だけを振り返ると2アンダーというスコアで悪いとは思えません。しかしショット、特にドライバーショットが不安定でした。明日への課題が1つできたかなと思います。スタートの1番での池ポチャは気にしていません。最後はダボにはしたくなかったのでボギーでよかった。2日間アンダーパーでラウンドできたことは満足しています。明日からは自分の課題でもあるドライバーショットに集中してオーバーパーは叩かないようにしたいです」。

予選2日間を終えて単独首位に立つのは、今季開幕戦の「東建ホームメイトカップ」以来。開幕戦では最終日にスコアを伸ばせず5位タイに終わったが、今回は2位に4打差をつけているので、このまま逃げ切る可能性も高い。16歳の石川にとって、プロ転向後の初優勝まで残るは36ホールだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。