ニュース

国内男子キヤノンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

宮里優作、ようやく巡り合った一本

2008/10/11 18:16

「キヤノンオープン」3日目に、7バーディノーボギーの「65」で回って通算10アンダー。首位と2打差の単独2位に浮上した宮里優作は、「お久しぶりです」とはにかみながら会見場に現れた。

予選落ちが続いていた今シーズン前半は、「全体的に精度が悪く、スイング改造もあったし、パットがダメだった」と振り返る。不調のパッティングを直すために、パターは20本以上作ったという。試合で試したのも10本近く。「今まで見た目でダメだったものも使うようになりました。見た目よりも性能ですね」と、試行錯誤を繰り返し、ようやく良いフィーリングのものが見つかったそうだ。

ネオマレット型の新しいパターは、「うまく利用して、オートマチックなイメージで打つ」という宮里。最終日を最終組で迎えるが、「そこそこ入ってくれれば良いです(笑)」と、余計なプレッシャーをはねつけるように、過剰な期待はしなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 キヤノンオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。