ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

スイング変えずに飛距離を伸ばす!ミズノが「JPX900」発表

ウエイト自由自在でスピン量最適化

ミズノ(本社大阪市)は24日、ゴルファーが自分のスイングを変えずに飛距離を伸ばすことを目指した「JPX900 ドライバー」を、11月25日に発売すると発表した。

ソール部分のヒール側からトゥ側にかけて、ウエイト(6g)を固定する3本の溝(フェードウエイトポート、センターウエイトポート、ドローウエイトポート)を設置。この『ファーストトラックテクノロジー』により、ウエイトの位置を変えることで、それぞれのスイングタイプに合った最適なスピン量を調整する。

弾道に大きく影響する重心深度を33.5~35.0mm、重心距離は40.5~42.5mmまで変えることが可能になった(※標準はセンターウエイトポート4番に配置。重心深度は35.0mm、重心距離は42.5mm)。またヘッドとシャフトは脱着でき、ロフト角を7.5度~11.5度まで変えられる。

千葉県の成田ゴルフ倶楽部で行われた発表会では、ライダーカップにも出場した欧州ツアーメンバーのクリス・ウッドが来日。「高弾道で強い球が出る」と300ヤード超えを連発し、周囲をうならせた。ウッドのウエイトポジションはフェードウエイトポートに1つ、センターウエイトポートは2番だった(※ウエイトを2つ以上つける場合には別売りで購入が必要)。

価格は1本税抜7万円(税込7万5600円)。問い合わせはミズノお客様センター相談室、0120-320-799。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。