ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ツアーで実戦投入開始!三菱レイヨン ディアマナB シャフト

8月下旬の「VanaH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」で待望の日本ツアー初優勝を手にしたキム・ヒョンソン(韓国)。彼のドライバーには「プロトタイプ」と記された青いシャフトが挿されていた。見た目は三菱レイヨン製のいわゆる“青マナ”こと2005年に発売された「ディアマナSシリーズ」。だがこれこそが、08年発売の「ディアマナ カイリ・シリーズ」を経て、この10月にリリースされる後継モデル「ディアマナ Bシリーズ」だ。

トーナメント会場で8月下旬にベールを脱いだ新デザイン。「フジサンケイクラシック」の会場では、ツアー担当者がせわしなく各メーカーのバンを行き交った。それぞれの選手に合わせたウッドを作り、テストを実施。感触を確かめる選手が相次いだ。

プロサポート担当、深山克己さん曰く、今作はこれからのディアマナシリーズのベースとなる逸品だ。「初代の“青マナ”は、癖のないスムーズなしなり方が特長でした。第2世代のカイリは、その先端部分に薄物材料を使い、多層構造でねじれに強くしました。今回はその材質をさらに樹脂量を少ないものにし、より細密化したものになります」と前作からの進化を説明する。

そしてなにしろ、新製品で目を奪われるのがその全体のデザイン。ブルーの楕円の中央にある「Diamana」のロゴはそのままに、グリップ側に花、草木のような模様が入り、華やいだ印象がある。しかしこの新しいデザイン部分の奥にこそ、開発の秘密が隠されている。

着目したのはシャフトのバット側(手元側)の動きだ。「スイング中、シャフトは握られることによって力がかかり変形するんです。エネルギーロスを防ぐためには、いかにシャフトの丸い状態を保てるかが大切。今回はそのグリップ側に超高弾性の材料(ダイアリードTM)を入れることによって、それを防ぎました」。これにより切り返しのパワーを損なうことなくダウンスイングへの移行が可能に。より自然な動きに繋がるという。

ツアーではヒョンソンのほか、既に池田勇太らもツアーで使用。今野康晴は「よく走る印象。でも左には行きにくい」と好感触を得ている。

深山さんは今作を「ディアマナ3兄弟の長男」と表現した。青マナ→カイリ→Bシリーズという進化に続き、今後は、赤マナ→イリマ→“?”、白マナ→アヒナ→“?”、と移り変わっていく見通し。ディアマナの「第3世代のスタンダード」となるシャフトは反響を呼びそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。