ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

SRIが米シニアに本腰

2011/03/04 19:15


SRIスポーツが米市場シェアアップに向けて、プロ契約を加速させている。同社は先頃、現役バリバリで昨年の全米オープン覇者のグレイム・マクダウェル選手と契約したばかりだが、間髪入れずに往年の名プレーヤー2名との契約を発表した。それがベン・クレンショーとピーター・ジェイコブセンだ。

クレンショーは当サイトのワールドトピックスでもすでに取り上げたとおり、クリーブランドゴルフのクラブとスリクソンのボールを今季から使用するが、パターの名手として知られていることから、ネバーコンプロマイズパターのデザインコンサルタントも契約内容に盛り込まれている。クレンショーの手によってどんなパターが登場するのか、今後が楽しみだ。

一方、ジェイコブセンはスリクソン製品の使用契約となるが、ブランドのスポークスマンとして格好の広告塔になると見られている。PGAツアー7勝という実績もさることながら、明るいキャラクターでテレビ番組の司会やトーナメントの解説者としてメディアへの露出も多い。メディアを通じて、「今度のニューZ-STARはいいよ」なんていえば、トップダウンでマーケットへの浸透も図れるだろう。

プロ契約といえば、現役の大物選手ばかりが話題になるが、ピークを過ぎたプロを上手く使えば、大きな宣伝効果が見込める。というのも、米国のゴルフ人口に占めるシニアの構成比は高く、こういった人たちは同世代のプロからの影響を強く受ける。「クレンショーが使っている、ジェイコブセンが飛距離を伸ばした」といった口コミ効果が製品の販売を後押しするのだ。シニアマーケティングで成功した過去の例としては、キャロウェイやアダムスが挙げられるだろう。

米国には、親近感のあるブランドという意味で、"ユーザーフレンドリー"という言葉があるが、シニアプレーヤーとの契約は正にこれ。日本では若手ばかりに脚光が浴びるが、市場構成比は米国同様、シニア中心。米国のようにシニアプレーヤーを上手く使うことをもっと考えた方がいいかもしれない。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。