ニュース

米国男子ノーザントラストオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ノーザントラストオープン
期間:02/13〜02/16 リビエラCC(カリフォルニア州)

小春日和で飛ばし屋躍動! あの“リビエラ”でバッバ優勝

あの日を最後に遠ざかっていた勝利は、爆発的な瞬発力で奪い去った。カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のリビエラCCで開催された米国男子ツアー「ノーザントラストオープン」を制したのはバッバ・ワトソン。2012年のメジャー「マスターズ」以来となるツアー通算5勝目を飾った。

予選ラウンドはカットラインにあと2打の通算1アンダー、40位タイで通過。終盤の失速で惜敗した2週前の「ウェイストマネジメントフェニックスオープン」以来のトーナメントは、前半2日間でダブルボギーを3つ記録するなど、低空飛行でハーフターンしていた。

ところが週末に入ると、ワトソンはムービングデーにノーボギーの「64」をマーク。そして最終日、6番で決めたバンカーからのチップインバーディを含め、前日と同じく7バーディ、ノーボギーの会心のプレーを見せた。「変えたところなんてほとんどないんだけど」と笑ったが、週末2日間でトップとの差8ストロークをひっくり返して約1年10ヶ月に及ぶ未勝利の時間にピリオドを打った。

表彰式ではアンジー夫人、そしてマスターズ制覇を成し遂げた同時期に、養子縁組したカレブくんも飛び入り参加。口の周りはチョコレートだらけ、もうすぐ2歳になる愛息を抱き上げ、感慨にふけった。「息子のことを考えると、2年近く経ったなんて思えないんだけどね。まだ歩けなかった時も昨日のことのようだし。今でこそ走り回ったり、おしゃべりしたり、チョコレートを食べたりもするけど」

ところで今週、大会前からリビエラで際立っていたのが、別の大会かと思うような朗らかなコンディションだった。この時期は雨風に苛まれ、日中に急激に冷え込むことも珍しくない。しかし今年はどうだ。4日間を通じてサザンカリフォルニアの柔らかな日差しが注ぎ込み、汗ばむほどの陽気に。さらに、例年とは比較にならないほどの短いラフで、広くチャレンジを待ち受ける芝は連日、ボールを軽々と走らせた。

「天候のせいか分からないけれど、今週のコースはラフがなかった。選手もラフをそこまで恐れることはなかっただろう」とワトソン。「アドバンテージがそんなにあるとは思わない」と言ったが、どちらかと言えば技巧派選手が歴代チャンピオンに並んでいたコースで、ツアー屈指のロングヒッター、ワトソンとダスティン・ジョンソンが1、2フィニッシュを決めたのは偶然じゃないだろう。

ちなみに、この最終ラウンドのドライビングディスタンスの1位、2位も同じ順番だった。セッティングの妙と、美しさに満ちた空が、彼らの強みを存分に引き出したに違いない。

関連リンク

2014年 ノーザントラストオープン

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~