ニュース

欧州男子ショット・クロックマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

欧州新規大会でスロープレーに罰打 1打ごと時間制限

2017/10/25 07:45

欧州ツアーは23日、来季新規大会の「ショット・クロックマスターズ」(6月7日~/オーストリア)で1打ごとに時間制限を設けることを発表した。

各組最初に打つ選手に50秒、後続選手に40秒以内の制限を設け、時間をオーバーした選手は1回につき1罰打を科される。初の試みになる。

同ツアー最高責任者キース・ペリー氏は「スロープレー対策だけではなく、ラウンド全体の時間も短くできる積極的な改革」と述べ、1ラウンドで45分間の短縮を目指す。

同ツアーは今年5月の「ゴルフシックス」で1ホールだけに1打ごとの時間制を設け、タイマーを設置した。残り10秒になるとギャラリーが一緒にカウントダウンするなど、スロープレー対策を行った。

関連リンク

2018年 ショット・クロックマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~