ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米プロゴルフ選手権
期間:07/28〜07/31 場所:バルタスロールGC(ニュージャージー州)

全米プロゴルフ選手権の知っておくべきアラカルト

ヘンリック・ステンソンが記録破りの優勝を遂げた「全英オープン」を経て、今週は今季メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」にゴルフ界の耳目は集まることになる。

<2015年大会を振り返る>

<< 下に続く >>

昨年は、ウィスリングストレイツで出色のパフォーマンスを披露したジェイソン・デイが、幾多のニアミスを経て遂にメジャー初制覇を果たした。最終日を「67」でラウンドしたデイは、メジャー史上初の通算20アンダーというスコアを記録し、歴史にその名を刻んだ。ジョーダン・スピースブランデン・グレース、そしてジャスティン・ローズの追撃をかわし、3打差でつかんだ勝利だった。デイは昨年、「全米オープン」と「全英オープン」で、ともに54ホール終了時点で首位に立ちながらも優勝を逃していた。その2戦を含め、直近のメジャー11大会で6度のトップ10入りを果たした末、ついにウィスコンシンの地で最後の一線を越えてみせたのだった。

<一口サイズの大会史>

第1回「全米プロゴルフ選手権」は100年前に開催され、この時はニューヨーク州ブロンクスビルのシワノイCCでジム・バーンズが優勝を遂げた。1916年に大会を制したバーンズには、優勝賞金500ドルと共に、百貨店のオーナーだった富豪のロドマン・ワナメーカーより寄付されたダイヤモンド入りの金メダルが授与された。現在の優勝トロフィーにはこのワナメーカーの名が冠されている。なお、2015年大会を制したデイは、バーンズの時代とは一変、勝利で180万ドルを稼ぎ出した。「全米プロゴルフ選手権」は1957年までマッチプレー方式で行われ、その翌年に現行のストロークプレー方式に変更された。

<2016年大会のフィールド>

今年のバルタスロールGCでは56人のヨーロピアンツアーメンバーがティアップし、そのうちの9人は大会初出場となる。クリストファー・ブロバーグマシュー・フィッツパトリックスコット・ヘンドアンドリュー・ジョンストン、リカルド・カールバーグ、イ・スミントーマス・ピータースブランドン・ストーン、そしてワン・ジョンフンがその9人である。一番の注目選手は、「全英オープン」で圧巻のパフォーマンスを披露したステンソンということになるだろう。ロイヤルトゥルーンでのステンソンとの一騎打ちに敗れたフィル・ミケルソンは、前回バルタスロールで開催された2005年の「全米プロゴルフ選手権」を制している。ワナメーカートロフィーを2度獲得しているロリー・マキロイも優勝候補の一人。バルハラGCでの2014年大会でミケルソンに1打差をつけて制したマキロイは、その2年前にはキアワアイランドゴルフリゾートで2位に8打差をつける圧倒的な勝利を飾っている。マルティン・カイマーもかつての「全米プロゴルフ選手権」王者の一人であり、彼はウィスリングストレイツで開催された2010年大会をバッバ・ワトソンとのプレーオフの末に制し、メジャー初優勝を遂げた。

<コース>

1895年にルイス・ケラーにより設立されたバルタスロールGCは、1918年にA.W.ティリンガーストにより設計された2つのコースを誇る名門ゴルフクラブである。ニューヨークから32キロほどのニュージャージー州スプリングフィールドにある同コースは、1985年に異なる2つのコースで男女の「全米オープン」を開催するという初の快挙を達成した。前回バルタスロールで「全米プロゴルフ選手権」が開催された2005年には、フィル・ミケルソントーマス・ビヨーンとスティーブ・エルキントンを1打差で退けて大会を制覇している。同年、同クラブは米国の歴史登録財に登録され、2014年にはティリンガーストのゴルフ設計家としての功績が重要視され、アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定された。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!