ニュース

米国男子WGCデルマッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 WGCデルマッチプレー
期間:03/23〜03/27 オースティンカントリークラブ(テキサス州)

マキロイ 勝ち抜けを懸けてケビン・ナと直接対決へ

ディフェンディングチャンピオンのロリー・マキロイがグループ3の第2戦でスマイリー・カウフマンを退け、金曜に「WGCデルマッチプレー」の決勝トーナメント進出を懸けてケビン・ナとの直接対決に臨むこととなった。

世界3位のマキロイはこの日、カウフマンを3&1で退けて2戦2勝としたが、どちらの勝利も決して楽なものではなく、今週これまでで最もタフな相手であるナと3日目に対戦することになる。

米国のナはデンマークのトービヨン・オルセンを3&2を下し、こちらも勝率10割をキープしてオルセンをグループリーグ敗退に追いやった。

マキロイは2番でバーディを奪って1アップとしたが、バンカーに捕まった3番を落とすと、ティショットを引っ掛けた4番も落として追う展開となった。その後、マキロイは5番、6番とバーディを連取して展開をひっくり返すも、カウフマンが10番を取って勝負を振り出しに戻した。

11番ではマキロイがティショットを池に入れてコンシードせざるを得ず、カウフマンに一歩リードを許すも、13番、14番とマキロイが連取して再びリードを奪い返した。

マキロイは15番でバーディを奪って2アップとし、カウフマンが17番のティショットを大きく曲げてハザードに打ち込んだところで勝負ありとなった。

「あすはケビンとの対戦で、勝つか、さもなくば家路につくか、ということになるので、少しばかりインテンシティが高まるだろうね」とマキロイ。

「概ね良いプレーができたと思う。きのうは何とか切り抜けることができ、それが何より重要なことだったのだけど、きょうはもう一段階プレーの質が上がったので良かったね」。

「週が進むにつれ、これを継続して行ければいいね」。

グループ11のブランデン・グレースはデビッド・リングマースを4&3で下し、自力での決勝トーナメント進出の可能性を残した。

2連続バーディでスタートした南アフリカのグレースは、そのまま振り返ることなく突っ走り、11番と12番を連取してスウェーデンのリングマースをグループリーグ敗退へと追いやった。

「ノーボギーだったのが、自分にとって鍵になったと思う」とグレース。「それが良かったね。特にこのコースではね」。

第2戦の勝利により、グレースは決勝トーナメント進出を懸け、金曜にラッセル・ノックスとの直接対決に臨むこととなった。なお、スコットランドのノックスは第2戦で出だし2ホールを落としながらもクリス・カークを撃破している。

「WGC HSBCチャンピオンズ」王者のノックスは、9番でオールスクエアとすると、続く2ホールを連取して2&1の勝利へと繋げた。

「タフなマッチになるね」とグレースとの対戦について語ったノックス。「今日より良いプレーをしなくてはならないだろうね」。

グループ14では、マーカス・フレイザーシェーン・ローリーが引き分けたことにより、両者共に決勝トーナメント進出の望みが絶たれた。

ローリーは3アップで前半を終えるも、フレイザーが17番でバーディを奪った時点ではフレイザーの1アップとなり、18番をアイルランド出身のローリーが取ったことで勝負は引き分けに終わった。

マルティン・カイマーは8&6でザック・ジョンソンに敗れたため、彼が決勝トーナメントへ進むには、あす、自身が勝利した上で、ジョンソンがローリーに敗れる必要がある。

グループ6では木曜の第2戦で敗れたトーマス・ピータースクリス・ウッドのグループリーグ敗退が決まっている。

ベルギーのピータースは4&2で米国のビル・ハースに、ウッドは3&2で「WGCキャデラック選手権」王者のアダム・スコットにそれぞれ敗れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 WGCデルマッチプレー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。