ニュース

欧州男子オメガ・ヨーロピアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

アルプスで頂に立ったフィッツパトリックとウィレット

「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」はクランシュルシエレでの激動の3日目を終え、マシュー・フィッツパトリックダニー・ウィレットのイングランド人コンビが通算12アンダーの首位タイで最終日を迎える展開となった。

かつてヨーロッパでトップアマチュアになったウィレット、アマチュア世界ランクでトップになったフィッツパトリックと、アマチュア時代からスター選手だった2人は、風の強まった3日目は運に一喜一憂することとなったが、ラウンドを終えてみれば3位につけるラファエル・ジャクランに2打差をつけて首位に立っていた。

1打差の首位でスタートしたウィレットだったが、1番と3番でボギーを叩くと、2打目をOBとした4番ではダブルボギーを叩くなど、苦しい前半となった。

後半も2連続ボギーのスタートとなるが、15番で9メートルのイーグルパットを沈めて一矢報い、27歳のウィレットは「71」の1オーバーで3日目をラウンドした。これにより、現在「レース・トゥ・ドバイ」で3位につけるウィレットは後続につけ入る隙を与えることとなった。

この好機を活かしたのはかつての「全米アマチュア選手権」王者である20歳のフィッツパトリックで、後半を「30」で回り、この日をみごと「64」でラウンドした。

13番で6メートルのバーディパットを沈めたフィッツパトリックは、14番、15番とさらに短いバーディパットを立て続けに決めると、17番でも6メートルのバーディパットをねじ込み、欧州ツアー初制覇へ向け絶好のポジションにつけた。

「1番でボギーを叩き、決して最高のスタートが切れたわけではなかったので、あの時点では『64』というよりは『74』の方が現実的なスコアでしたね」とフィッツパトリック。彼はQスクールから上がってきた欧州ツアーでのルキーイヤーを楽しんでいる。

「もうずいぶん前から良いプレーができたので、調子は良かったのですが、この二日間の65、64というのは大したスコアですね」

「昨日訪れた歯医者さんにも感謝しないといけないですね。というのも、週の頭から歯痛に悩まされていたのですが、うまく治療してくれましたので」

「とにかくこの調子を保つことですね。退屈なコメントかもしれませんが、1ホール毎に集中してプレーし、我慢強く優勝争いに踏み止まりたいと思います。言うは易し、ですけどね」

月曜に終了した「全英オープン」では6位に入り、自身のメジャー最高成績を残したウィレットだったが、今日はラウンド中、若干気分が優れなかったと明かした。

「体調が悪いときには、ゴルフというのは最高のゲームではなくなるのだけど、それを言い訳にはしないよ」とウィレット。

「良い一日ではなかったし、ラウンドは序盤で台無しになる可能性もあった。だから踏み止まって、良い形でラウンドを終えることができて良かったよ」

「悪いラウンドはこれでおしまいとなればいいね」

「明日も今日のような天候になれば、好スコアを出す選手はそんなに多くならないだろうから、とにかく天気がどうなるか、というところだね。明日は今日よりもしっかりとショットに専心できればいいね」

欧州ツアーで4勝を挙げているフランスのジャクランは、ウィレットがダブルボギーを喫した4番で1打多いトリプルボギーの「7」を叩いたが、最終ホールで8メートル弱のバーディパットを決めるなど、この日は8つのバーディを奪い、通算10アンダーとして優勝を狙える位置につけている。

ディフェンディングチャンピオンのデビッド・リプスキーは通算9アンダーで4位につけており、さらに1打差にはペク・スクヒョンY.E.ヤンの韓国人コンビが続いている。

関連リンク

2015年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~