ニュース

欧州男子メイバンク・マレーシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 メイバンク・マレーシアオープン
期間:04/17〜04/20 場所:クアラルンプールG&CC(マレーシア)

勝負はウェストウッドとサリバンの一騎打ちへ

首位に立つイングランドのリー・ウェストウッドの築き上げたリードは同胞のアンディ・サリバンの追い上げにより1打差へと縮まり、「メイバンク・マレーシアオープン」は興奮の最終日を迎える展開となった。

先週の「マスターズ」で7位に入ったウェストウッドは、4打差の首位で臨んだ3日目のラウンドで一時は2位との差を5ストロークまで伸ばすも、最終ホールでボギーを叩くなどスコアは伸び悩み「71」でこの日のラウンドを終えた。

<< 下に続く >>

これで40歳のウェスウッドは通算14アンダーとし、3日目を「66」でラウンドしたかつての「ウォーカーカップ」のスター選手であるサリバンがこれを1打差で追っている。後続にはフランスのジュリアン・ケンが通算10アンダーで3位につけており、4位には通算9アンダーでベルギーのニコラス・コルサーツが続いている。

1番ホールでは6メートルのバーディパットを沈めたウェストウッドだったが、アントニオ・ラスクーナが見せたスタートダッシュを前に、前日までのリードは瞬く間に半分に削り取られてしまった。かつての世界ナンバーワンが、続く2番で短いパーパットを外したのに対し、ラスクーナは出だしの3ホールで2つのバーディを奪ったのである。

しかし、ロングホールの5番でウェストウッドがバーディを奪ったのに対し、フィリピン出身の43歳のラスクーナはドライバーで放ったティショットをOBとし、4打目を池に落としてこのホールで8打を叩いた為、その差は5ストロークに広がった。

この後、ウェストウッドは3打差の首位で前半を折り返すと、前日、ティショットをグリーン手前の池に落としてダブルボギーを叩いたパー3の11番で、5.5メートルのバーディパットを沈め、2位との差を再び4打差まで広げることに成功した。

しかし、前半を「33」で折り返したサリバンが12番で同様の距離のバーディパットを決め、直ぐ様その差を3打に戻した。

先月の「ハッサンIIゴルフトロフィー」で2位に入ったサリバンは、16番で湾曲したラインのバーディパットを沈めて更にその差を縮めると、残りの2ホールをパーとして、3日目を「66」という好スコアでラウンドした。

そして、最終ホールで2打目をフェアウェイバンカーへ打ち込んだウェストウッドがこのホールをボギーとしたことにより、イングランド人の二人は僅か1打差で日曜を迎える展開となった。

「今日はコースがトリッキーだった」とウェストウッド。「初めの2日間ほど良いプレーができなかったわけだけれど、幾つか難しいピンポジションがあり、今日は本当に暑かった」。

「ゴルフをやっていてここまで暑かったのは、もう随分と長いことなかったね。艱難辛苦(かんなんしんく)というやつだったけれど、首位のまま最終日を迎えられるのだから、その部分については満足しているよ」。

ヨーロピアンツアー初優勝を狙うサリバンは、「また良いプレーができたね。ミスをできる限り減らそうと努めたんだ」と語った。

「たった一つミスを犯したけれど、すぐに取り返した。締めくくり方にも満足している」。

「15番と16番では多少疲れを感じた。幾つかお粗末なスイングをしたのだけれど、それでもスコアを落とさずに済んだ。16番ではいいパットを決めて勢いを持続することができたんだ」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 メイバンク・マレーシアオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!