ニュース

欧州男子オメガ・ヨーロピアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

リーが抜群の「61」ラウンドで2打差リード

クレイグ・リー(スコットランド)が、ヨーロピアンツアー史上初の「60」切りを逃したものの、「61」という素晴らしいスコアで「オメガ・ヨーロピアン・マスターズ」の首位に立った。

8バーディでパーは7番ホールのみ。前半9ホールで驚くべきゴルフを展開したリーは、瞬く間にリーダーボードを駆け上がった。後半の10番ホールで更にバーディを奪い、続くホールでもパーと、歴史に名を刻むべく順調にラウンドしている様に見えた。

<< 下に続く >>

12番でティショットをミスしてスコアを落としたが、10フィートのパットを沈めて凌いだナイスボギー。直後のパー3、13番では素晴らしいティショットを放ち、すぐにこの日のラウンドを9アンダーに戻し、完璧な盛り返しを見せた。

素晴らしい第2打でピンに絡めた14番でもバーディを重ねたが、その後はすべてパーで終えた。

とはいえ、見事なパフォーマンスを見せたリーは、ビクター・デュビッソン(フランス)、アレサンドロ・カニサレス(スペイン)とトーマス・ビヨーン(デンマーク)らに2打差をつけ、通算16アンダーとして最終日を迎える。

リーは「気持ちよくプレーできた今までで最高のラウンドだったよ。アマチュア時代や、ハンデ戦でさえ、2桁アンダーを出したことはないんだ」と語った。

「だから、これは断然最高のラウンドだよ。ただ一つ一つのショットに集中するよう心がけた。ボールを打って、ピンに向けて飛び込んでいくのを見るのは本当に格別だったよ」

「最初の12、13ホールは最高の出来だったね。一日のうちにこんなすごいショットがまとめて打てるなんて、本当に夢みたいだったよ。ここのところかなり調子良くプレーしていたから、それがまとめて結果になった感じだね」。

更に、「心拍数モニターを着けていたらよかったね。最初から、僕の心拍数は毎分100回以上だったと思うよ」と付け加えた。
「特に心拍数が早くなるような決定的なパットもいくつかあった。まだまだ落ち着かないよ。まだまだ全然リラックスできる状態ではないんだよ」。

デュビッソンは7番と15番でイーグルを奪い、また2番と最終ホールでボギーを叩いた穴埋めをするため多くのバーディを決め、本日「66」とした。

それより一枚上手を行ったのはスペインのカニサレスだった。後半は勢いに火が点き、1イーグルと3バーディを奪った。

「10番でバーディを奪い、そしてそこから全部うまくいったんだ」と彼は述べた。

「最後に難しいパットがあったけどなんとか乗りきれたし、最終的にああいう終わり方ができてとてもうれしいよ」。

一方、ビヨーンはここまで安定感を保っており、11番で叩いたボギーは今大会2度目のボギーだった。5バーディを奪ってその穴埋めをし、初日と2日目の「66」に続き「67」をマークした。

リーが歴史を作ることができなったのは残念ではあったが、イングランドのリチャード・フィンチがパー3の13番でホールインワンを決める忘れがたい一幕もあった。フィンチは6番アイアンでホールインワンを達成し、16,950スイスフラン相当の赤と金に塗られたオメガ・シーマスター・アクア・テラ・コアキシャルを手にした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!

ラムキングリップから、もちもち?グリップが登場!
ラムキングリップ人気のクロスラインから新グリップ登場!最新のグリップ性能を聞いてみました



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!