ニュース

米国シニア三菱電機クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 三菱電機クラシック
期間:04/19〜04/21 TPCシュガーローフ(ジョージア州)

米国シニアデビューの長谷川滋利氏は72位

2019/04/22 08:01


◇米国シニア◇三菱電機クラシック 最終日(21日)◇TPCシュガーローフ (ジョージア州)◇7259yd(パー72)

推薦出場により米国シニアツアーに初参戦した元メジャーリーグ(MLB)投手の長谷川滋利氏は、通算15オーバーの72位(78人が出場)で3日間のプレーを終えた。初日から「78」「79」と苦戦したが、最終日は2バーディ、4ボギーの「74」で締めくくった。

3日間でバーディは4個、ボギーは15個、ダブルボギーが2個という内容。フェアウェイキープ率は73.81%(54位)、パーオン率は53.7%(66位)、平均パット数は2.069(74位)と、グリーンに近づくにつれてスコアメークに苦しんだ。平均飛距離は267.2yd(31位)だった。

1990年に日本のオリックスに入団した長谷川氏は、97年からMLBに移りアナハイム・エンゼルスとシアトル・マリナーズの2球団に所属。2006年に現役を引退し、16年にオリックス・バファローズのシニアアドバイザーに就任した。近年は競技ゴルフに目覚め、17年の「全米アマチュア選手権」では地区予選会を突破して大きな話題に。米国PGAツアー「ソニーオープンinハワイ」の予選会にも挑戦を続けている。

昨年8月に50歳になり、年齢によるシニアツアーの出場条件をクリア。同じく推薦で出場した元MLB投手のジョン・スモルツ氏(51)は、通算11オーバーの61位だった。

通算7アンダーとしたスコット・マッキャロンがツアー通算9勝目を飾った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 三菱電機クラシック

  • 2019/04/19~2019/04/21
  • 賞金総額:1,800,000US$
  • TPCシュガーローフ(ジョージア州)



特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。