ニュース

米国シニアコロガードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 コロガードクラシック
期間:02/26〜02/28 場所:オムニツーソンナショナル(アリゾナ州)

ミケルソンは史上初デビュー3連勝ならず “赤黒”ウェア急ごしらえも

◇米国シニア◇コロガードクラシック 最終日(28日)◇オムニツーソンナショナル(アリゾナ州)◇7218yd(パー73)

シニアツアーのデビュー3連勝が懸かったフィル・ミケルソンは最終日を22位から出て4バーディ、1ボギー1トリプルボギーの「73」と伸ばせず、4アンダー20位でフィニッシュ。レギュラー、下部も含めてPGAツアー史上初となるデビュー3連勝はならなかった。

<< 下に続く >>

2月23日の自動車事故で足の複数箇所を骨折する大けがを負ったタイガー・ウッズが最終日に着る“勝負服”として有名な赤いシャツと黒いパンツでプレーした。「僕は赤いシャツを持っていなかったけど、きょう着ることには2つの意味があった。選手全員がタイガーを心から応援していること、彼が成し遂げてきたことへの感謝を伝えるためだ」と急きょ赤いシャツを購入して用意したことを明かした。

優勝は2位スタートのケビン・サザーランド。6バーディ、2ボギーの「69」で回り、通算15アンダーで逆転し、昨季最終戦「チャールズ・シュワブ・カップ選手権」に続くツアー通算5勝目を挙げた。

首位から出たマイク・ウィア(カナダ)は上がり3ホールでの2ボギーが響いて「73」。13アンダー2位と初優勝を逃した。

スティーブ・ストリッカースコット・パレルが12アンダー3位で並んだ。前年覇者のベルンハルト・ランガー(ドイツ)はアーニー・エルス(南アフリカ)、ケニー・ペリーと並ぶ6アンダー14位。ジム・フューリックが5アンダー17位。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 コロガードクラシック

  • 2021/02/26~2021/02/28
  • 賞金総額:1,700,000US$
  • オムニツーソンナショナル(アリゾナ州)



特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!