ニュース

米国シニアの最新ゴルフニュースをお届け

米シニアツアーは20年&21年を1シーズンに統合

2020/05/15 10:08

米国の男子シニアツアー(PGAツアーチャンピオンズ)は14日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で試合数が減少した2020年シーズンを、翌21年と統合して1シーズンとすることを発表した。年間ポイントレースであるチャールズ・シュワブカップ王者は21年末に決まる。

27試合を予定していた20年は3月上旬の「ホーグクラシック」までに5試合を終えた後、現段階で8試合が中止された。7月31日開幕の「ジ・アレイチャレンジ」(ミシガン州ワーウィックヒルズG&CC)で再開する見通しとなっている。

<< 下に続く >>

21年の日程は後日発表されるが、今後の経済状況からも試合数がどれだけ確保できるかは不透明といえる。PGAツアーチャンピオンズのミラー・ブラッドリー会長は「ベストな解決策。各大会や冠スポンサー、チャールズシュワブ社、選手会は新型コロナウイルスの拡大による複雑なスケジュール構築を助けてくれた」と強調した。

今年の出場資格は21年も継続され、21年に向けた予選会は行わない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!