ニュース

アジアンの最新ゴルフニュースをお届け

小泉、矢野ら日本勢は後退。アジアンツアーファイナルQT

2011年のアジアンツアー出場権をかけたファイナルQTは21日(金)、タイ・スプリングフィールドロイヤルCCで第3ラウンド。通算11アンダーの2位タイで出た日本の小泉洋人は「72」とスコアを伸ばせず、5位タイに後退した。

17アンダーで出たブラジル出身のルーカス・リーが、この日もスコアを2つ伸ばして通算19アンダーとして単独首位をキープ。24歳のリーは「このトーナメントでトップになれるよう頑張りたい。勝つことはどんな時でも良いこと。きょうは風を攻略するのに戸惑ったけど、あしたをいい状態で迎えられるように集中した」と話した。

首位と5打差の2位には「65」をマークしたロス・べイン(スコットランド)が浮上。日本勢では4アンダー、33位タイで出た上平栄道が「69」で回り通算7アンダーとして17位タイに上昇。7アンダーの9位タイで3日目を迎えた片岡大育は「72」で17位に、谷昭範は「74」と崩れ5アンダー31位タイに後退。6アンダー17位で出た矢野東も通算4アンダーの42位タイに順位を下げている。

4日間計72ホールのストロークプレーで争われるこのQTは、トータルで上位40位タイまでの選手が欧州共催大会などを除くほとんどの競技に出場できる。

【主な順位】
1 -19 L.リー
2 -14 R.べイン
3 -12 T. スチュアート、P.H.ソエロ
5 -11 小泉洋人 ほか
17 -7 上平栄道片岡大育 ほか
26 -6 清田太一郎 ほか
31 -5 谷昭範すし石垣塚田好宣 ほか
42 -4 矢野東内藤寛太郎宇佐美祐樹、山形陵馬 ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。