ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

米国ゴルフ場の8割超が営業再開へ 3つの州で閉鎖続く

2020/05/05 17:17

米国のナショナルゴルフファンデーションは、4日時点で50ある州のうちメリーランド、マサチューセッツ、バーモントの3州を除いてすでにゴルフ場の営業を再開、または再開する時期を発表したと報告した。

過去10日間でイリノイ、メイン、ミシガン、ニュージャージー、ニューメキシコ、ネバダ、ペンシルベニア、ウィスコンシンと8つの州が営業の再開を認め、ニューヨーク、ハワイ、カリフォルニアでは制限が大幅に緩和された。ワシントンは5日、ニューハンプシャーは11日を予定しており、先月26日時点で58%だった米国内の営業再開コースは週内にも80%を超え、今月中旬には90%に届く見込みと予想している。

ただ、カリフォルニアでもロサンゼルスのように依然として営業を再開していない地域はあり、47州のすべてのコースが営業を再開したわけではないという(アラスカはまだプレーできない時期)。また、閉鎖を解かれてもゴルフカートの利用は原則1人1台、組同士の間隔をあける、フードサービスの制限など様々な感染防止策を講じる必要があり、完全な形での営業再開には至っていない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!