ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

日本プロシニア2日目!首位の林に湯原、高橋が追走!

2008/09/26 17:43


茨城県の静ヒルズカントリークラブで開催されている、第47回「日本プロゴルフシニア選手権大会」の2日目。4アンダー単独首位からスタートした渡辺司は、14番から3連続バーディを奪ったが、前後にボギーやダブルボギーを叩き2アンダー単独4位に後退してしまった。

代わって首位に浮上したのは韓国の林陳漢。林も渡辺と同じく難度の高い13番でダブルボギーを叩いたが、4つのバーディを積み重ね1ストローク伸ばし通算5アンダーで単独首位となった。林は韓国ゴルフ界で多くの選手を育ててきた。日本のレギュラーツアーで活躍するS.K.ホも林の元で修行を積んできた1人だ。

単独2位はこの日3バーディ、2ボギーで4アンダーまでスコアを伸ばした湯原信光。昨年からシニアツアーで戦っているが、まだ優勝はない。残り2日間でスコアを伸ばすか注目だ。さらに1打差の3アンダー単独3位はシニアの中でもベテランの域になってきた高橋勝成。この日のベストスコア「68」をマークし、28位から急浮上している。

首位に立ったのは4アンダーをマークした渡辺司と林陳漢の2人。1打差の3アンダー3位タイに湯原信光、井上久雄が続いている。近年、シニアツアーで賞金争いで上位を独占している中嶋、室田の2人が出場していないこともあり、誰が抜け出してくるのか楽しみな展開となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。