ニュース

米国女子ボランティア・オブ・アメリカクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗が首位と4打差発進 上原彩子は日没で第1ラウンド持ち越し

◇米国女子◇ボランティア・オブ・アメリカクラシック 初日(3日)◇オールドアメリカGC (テキサス州)◇6517yd(パー71)

メジャー「全米女子オープン」を次週に控えた同じテキサス州での“前哨戦”は、日没順延で16人が第1ラウンドを完了できなかった。

<< 下に続く >>

3アンダーで終えたツアー1勝のチャーリー・ハル(イングランド)の単独首位スタートが確定的。ジェシカ・コルダジェニファー・カップチョポルナノン・ファトラム(タイ)が1打差の2アンダーで続いた。

首位と2打差の1アンダー5位に5人が並んでいる。そのうちの1人、10月に「LPGAドライブオン選手権レイノルド・レイク・オコニー」でツアー初勝利を飾ったアリー・マクドナルドは、今大会から登録名をアリー・ユーイングに変更。今年5月にミシシッピ州立大女子ゴルフ部の現ヘッドコーチ、チャーリー・ユーイング氏と結婚した。

畑岡奈紗は3バーディ、4ボギーの「72」でホールアウトし、パク・ソンヒョン朴仁妃(ともに韓国)、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)、オースティン・アーンストらと同じ1オーバーの暫定18位で滑り出した。

午後スタートの上原彩子は後半6番までの15ホールを終えて、3ボギー1ダブルボギーの5オーバー。暫定70位で4日朝の再開を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ボランティア・オブ・アメリカクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!