ニュース

米国女子キア・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2019年 キア・クラシック
期間:03/28〜03/31 アビアラGC(カリフォルニア州)

畑岡奈紗が逆転で通算3勝目 初めて4日間大会を制す

2019/04/01 10:08


◇米国女子◇キア・クラシック 最終日(31日)◇アビアラGC (カリフォルニア州)◇6558yd(パー72)

畑岡奈紗が今季出場4試合目で、シーズン初優勝を手にした。1打差を追ってスタートした最終ラウンドを6バーディ、1ボギーの「67」として通算18アンダーで逆転し、2018年「アーカンソー選手権」、同年「TOTOジャパンクラシック」に続くツアー3勝目を飾った。

過去の2勝はいずれも3日間大会で、4日間72ホールでの優勝は初めて。次週のメジャー初戦「ANAインスピレーション」に向けて、弾みをつける勝利となった。

日本人の米ツアー3勝は、2017年「テキサスLPGAシュートアウト」を制した野村敏京に続いて5人目。勝利数では岡本綾子(17勝)、宮里藍さん(9勝)、小林浩美(4勝)に次ぎ、野村と並んだ。

畑岡は出だしの1番で、1m強のチャンスを決めて首位に並んだ。3番(パー3)、5番(パー5)といずれも1m以内につけて前半アウトで3つ伸ばし、1打リードの単独首位でハーフターン。15番のバーディでリードを3打に広げ、ガッツポーズを作った。

短いパー4の16番で1打目を池に入れて唯一のボギーとしたが、3打目をピンにからめた17番(パー5)でバウンスバック。3打リードで迎えた最終18番をパーで締めくくった。

通算15アンダーの2位にダニエル・カンアサハラ・ムニョス(スペイン)、コ・ジンヨンパク・ソンヒョン朴仁妃(いずれも韓国)の5人が続いた。

ほかの日本勢は野村敏京が通算7アンダーの23位、上原彩子が通算1アンダーの55位、横峯さくらが通算イーブンパーの59位で終えた。

<上位の成績>
優勝/-18/畑岡奈紗
2T/-15/ダニエル・カンアサハラ・ムニョスコ・ジンヨンパク・ソンヒョン朴仁妃
7T/-14/シダパ・スワンナプラキム・ヒョージュチェ・チェラハー・ミジョンギャビー・ロペス

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 キア・クラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
プレジデンツカップ中継をGDOで連日無料放送 GOLFTV
GDOでは初日から最終日の4日間、試合開始から午前11時(日本時間)まで、GOLFTVによるライブ中継を無料で配信します。2年に1度の熱戦をお見逃しなく!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。