ニュース

米国女子エビアン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

畑岡奈紗は4打差16位で決勝へ 上原、横峯は予選落ち

2018/09/15 02:03


◇海外女子メジャー◇エビアン選手権 2日目(14日)◇エビアンリゾートGC(フランス)◇6523yd(パー71)

17位から出て「65」をマークしたエイミー・オルソン、7位で出たイ・ミヒャン(韓国)とモー・マーティンが通算8アンダーとして、マリア・トレス(プエルトリコ)をとらえ、4人が首位に並んで大会を折り返した。

1打差の5位に初日首位タイのカルロタ・シガンダ(スペイン)。ユ・ソヨン(韓国)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、ジョージア・ホール(イングランド)ら7人が通算6アンダーの6位で並んだ。

4位で出た畑岡奈紗は2バーディ、2ボギーの「71」と伸ばせず、通算4アンダーの16位に後退して決勝ラウンドに進んだ。出だしの1番で、グリーンの傾斜を使って1mにつけてバーディを先行。ピンの右3mにつけた6番で2つ目を奪ったが、3パットを喫した9番(パー5)、2打目がバンカーで目玉になった12番をボギーとした。

上原彩子は通算5オーバーの84位、横峯さくらは通算8オーバーの103位で予選落ちした。

関連リンク

2018年 エビアン選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~