ニュース

米国女子J GOLFフェニックスLPGAインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

K.ウェブ、3年ぶりの優勝!宮里藍は9位フィニッシュ

2009/03/30 22:10

アリゾナ州にあるパパゴGCで開催されている、米国女子ツアー第5戦「J GOLFフェニックスLPGAインターナショナル」の最終日。カリー・ウェブ(オーストラリア)が通算14アンダーで、今季初優勝を手にしている。

首位と1打差の2位からスタートしたウェブ。前半は1イーグル、2バーディ、1ボギーでスコアを3つ伸ばし折り返し。後半は立ち上がり早々に連続バーディを決め首位に立つ。15番でボギーを叩いたが、最終18番で4日連続をなるバーディをマークして華麗にフィニッシュ。2006年、日本で開催された「ミズノクラシック」以来となる勝利を手に入れた。

単独2位に名を連ねたのは申智愛(韓国)。前日見せた勢いは、この日影をひそめ、3バーディ、1ボギーでラウンド。通算12アンダーでフィニッシュ。今季初優勝はならなかった。続く通算11アンダー、単独3位にはI-K.キム(韓国)。前半、3連続バーディを決めるなどして首位で折り返したが、後半スタートホールでダブルボギーを叩いてあっさり首位陥落。以降、スコアを戻せないまま通算11アンダーで大会を終えている。

通算5アンダー、7位タイで最終日を迎えた宮里藍。早い段階で上位陣に近づきたかったが、前半はイーブンパーで終える。後半は最終ホールのバーディも含め、3バーディ、1ボギーをマークし、通算7アンダー、9位タイでホールアウト。今季2度目のトップ10フィニッシュを決めている。なお、ロレーナ・オチョア(メキシコ)は、通算4アンダー、15位タイでフィニッシュ。ミッシェル・ウィは通算8オーバー、58位タイで大会を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 J GOLFフェニックスLPGAインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。