ニュース

米国女子LPGAコーニングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 LPGAコーニングクラシック
期間:05/24〜05/27 場所:コーニングCC(ニューヨーク州)

6連続バーディのM.マッカイが首位。小林は19位へ後退。

米国女子ツアー「LPGA・コーニング・クラシック」の2日目。初日の上位陣がスコアを伸ばせず、順位が大きく入れ替わった。3アンダー20位からスタートしたM.マッカイが2番パー5から6ホール連続でバーディを奪う猛ダッシュで、この日のベストスコア65を叩きだした。通算10アンダーで単独首位に立った。

1打差の2位には3週間前に日本で行われた「ニチレイカップワールドレディス」でK.ウェブと最後まで優勝争いをしたC.コークがスコアを5つ伸ばしてきた。

初日4アンダー8位タイと好スタートをきった小林浩美は、4バーディ、4ボギーでスコアを伸ばすことができなかった。同じく8位タイでスタートしたR.ジョーンズら5人が揃ってイーブンパーのラウンドとなった。
福嶋晃子はこの日1アンダーとしたが、初日の6オーバーが効いてしまい予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 LPGAコーニングクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!