ニュース

米国女子ソルハイムカップの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ソルハイムカップ
期間:09/20〜09/22 インターラッチェンCC(ミネソタ州)

1996年大会の再現!米国がシングルスのマッチプレーで逆転勝利

米国対欧州の女の闘い「ソルハイムカップ」は、2日目終えて欧州チームが9対7で2ポイントのリード。残すは最終日のマッチプレー12試合で決まる。

トップバッターで登場したのは、米国がベテランのJ.インクスターで欧州はR.カリード。スタートの1番ホールで、カリードがバーディを奪い1アップにしたが、すぐにインクスターがオールスクエアに戻した。その後はインクスターペースで進み、4&3で米国が第1試合を制した。

第2試合でも米国のL.ディアスが、欧州のP.マーティに隙を与えず5&3で圧勝。この時点で米国が通算ポイント9対9に追いついた。

3、4試合は互いに1勝づつ挙げると、5、6試合目は接戦の末、引き分け。0.5ポイントづつ分け合うことになった。この6試合目には、欧州のエース、アニカ・ソレンスタムが登場したのだが、ウェンディ・ウォードが一歩も引かなかった。

そして、勝負は後半の試合にたくされ、選手たちもプレッシャーとの戦いで本来の力を発揮できない場合や、普段以上のミラクルショットが出ることもある。9試合目に登場したL.デービーズ(欧州)とメグ・マローン(米国)との対決は、メグマローンがチップインバーディを奪うなど、勢いに乗って勝負をつけた。

欧州チームのもう一人の切り札、カリン・コークは11試合目に登場。米国のリードが広がり、絶体絶命の状態に、ソルハイムカップ全勝のコークが中盤ゲームを支配したが、引き分けに終わってしまった。これで勝負あり。最終12試合目も米国が勝ち、通算成績は15.5ポイント対12.5ポイント。米国が96年大会と同じ展開で9対7から、マッチプレーで逆転優勝。

通算の対戦成績は米国の5勝2敗となった。次回は、来年2003年に開催され、その後は奇数年に行われることになっている。

*フォーボール:各ホールごとにチームの2選手のよいほうのスコアを採用し、18ホールの合計スコアとする。

*フォーサム:チームの2選手がひとつのボールを交互に打ってプレーし、18ホールの合計スコアとする。

◇米国選抜メンバー
J.インクスター、L.ディアズ、R.ジョーンズM.レッドマン、C.カー、M.マローン、B.ダニエル、W.ウォード、E.クライン、K.キーニー、K.ロビンス、P.ハースト、D.デラシン

◇欧州選抜メンバー
H.アルフレッドソン、R.カリード、L.デービース、E.エスティル、S.グスタフソン、M.ヨース、K.イシェールC.コーク、P.マーティ、M.マッカイ、S.ペターソン、I.ティニング、A.ソレンスタム

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ソルハイムカップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。