ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくらが辛くも逃げ切り、今季4勝目!

愛知県知多郡にある南愛知CC美浜Cで開催されている、国内女子ツアー第24戦「マンシングウェアレディース東海クラシック」の最終日。連日の快晴に恵まれ、9,162人の大ギャラリーが来場。最終18番まで予断の許さない熱戦が演じられ、大歓声が最後まで会場を包んだ。

大勢のギャラリーが後に続いた、注目の最終組。単独首位からスタートした横峯さくらと、2打差で追う若林舞衣子不動裕理の3人による争いが続いた。横峯が1番、3番とバーディを奪うと、4番パー3ではグリーン右ラフから15ヤードの距離をSWでカップに捻じ込むチップインバーディ。一時はリードを3打差に広げ、独走態勢を築くかに思われた。

だが、若林に2打差、不動に3打差で迎えた15番パー5。右に曲げたティショットが林の枝に引っかかる不運に見舞われた横峯は、ここで今週初ボギー。その後も伸び悩み、若林と不動に1打差に詰め寄られて最終18番のティグラウンドに立つ。横峯は先に5メートルのバーディパットを外すが、若林と不動もプレーオフが掛かったバーディパットを外す。冷静に30センチのウィニングパットを沈めた横峯が通算17アンダーで辛くも逃げ切り、ほぼ3ヶ月ぶりとなる今季4勝目を飾った。この勝利により、3年連続で獲得賞金1億円を突破。生涯獲得賞金では、国内女子ツアー最年少(23歳と281日)で5億円を突破する節目の勝利となった。

不動は通算16アンダーの2位タイで終了。「このスコアで勝てなければしょうがないですね。3日間良いゴルフができましたし、優勝できなかったけど次が楽しみです」と、惜敗を喫したものの納得のプレー内容で終えた。若林は、バーディパットを外して緊張の糸が切れたのか、そこからまさかの3パット。2オン4パットのダブルボギーとし、通算14アンダーの単独3位としている。通算13アンダーの4位タイに、青山加織有村智恵。3週連続優勝がかかっていた諸見里しのぶは、通算1アンダーの35位タイで終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。