ニュース

国内女子ヤクルトレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

村口史子、なんと「ハーフ9パット」の追い上げで3位

1997/05/17 18:00


昨日は「完璧なゴルフ」だった高村亜紀だが2日目は「ショットはまぁまぁ、パターも好調」と少しペースダウン。3バーディ、1ボギー。「暑いのが好き。明日も好天になってほしい」

池渕富子も同じく2アンダー。「昨日のパットの良いイメージが残っていて、グリーンを外しても寄せワンで行く気持ちでプレーできた。それが良かったみたいです」と池渕。

村口史子が久しぶりに上がってきた。アウトは平凡なパープレー。しかしインの13番から最終ホールまでなんと6連続バーディ。打ったパットの距離はそれぞれ50センチ、0センチ、5メートル、50センチ、50センチ、0センチ。6ホールでのパット数が4。このハーフの総パット数でもなんと9。「今の気分は最高を越えてます」と村口。「ごのコーライは苦手。でも入ってくれました。ふだんからパットは打つ方なんだけど..」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 ヤクルトレディースゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!