ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

有村が今季2勝目!「全英」に向け弾みをつける1勝に

静岡県にある東名CCで開催されている、国内女子ツアー第17戦「スタンレーレディスゴルフトーナメント」の最終日。スタート前から濃い霧が立ち込め、定刻の7時30分から1時間30分遅れの9時に第1組がスタート。競技は9ホールに短縮され、全選手10番ティからスタートを切った。

注目の最終組。通算10アンダーの単独首位からスタートした有村智恵は、10番、11番をパーと静かな立ち上がり。一方、3打差で追う斉藤裕子は、10番でピン横4メートルのバーディパットを沈め、いきなり2打差に詰め寄る。有村は12番で4メートルのパーパットを残すピンチを迎えるが、これを捻じ込みナイスパー。逆に斉藤がボギーを叩いて再び3打差に開き、「あれでラクになったし、流れが来たと思った」と振り返る。直後の13番で6メートル、さらに15番でも7メートルのバーディパットを決め、2位の斉藤に4打差をつける通算12アンダーで今季2勝目を飾った。ウィニングパットを入れた直後に両腕を突き上げ、喜びを露にした有村。来週の米国女子ツアー「エビアンマスターズ」、そして再来週の「全英リコー女子オープン」に向け、大きな弾みをつける価値ある勝利となった。

通算8アンダーの単独2位に終わった斉藤も、「全英リコー女子オープン」に初めて臨む1人。勝って渡英、と行きたかったが、「優勝から離れたと思った」という12番のボギーを悔いていた。通算6アンダーの単独3位には韓国のイ・ナリが浮上。通算5アンダーの4位タイに、ニッキー・キャンベル(オーストラリア)と佐藤のぞみが入っている。

同じく「全英リコー女子オープン」に出場する諸見里しのぶは、通算3アンダーの8位タイ。横峯さくらは風を読みきれずにショットの精度を欠き、12番から3連続ボギーを叩くなど通算1アンダーの25位タイに後退。また、ベストアマチュアは通算3アンダーの8位タイで終えた藤本麻子が獲得。今月28日(水)に行われるプロテストに、万全の状態で臨むことができそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!