ニュース

国内女子 健勝苑レディス・道後の最新ゴルフニュースをお届け

なんと7アンダー! 首位は白戸由香

順位 選手名 通算 合計
1 白戸由香 -7 65
2 大城あかね -4 68
2 野呂奈津子 -4 68
2 中嶋千尋 -4 68
5 山田かよ -3 69
5 村口史子 -3 69
5 岡田美智子 -3 69
5 藤原利絵 -3 69
9 川波由利 -2 70
9 高須愛子 -2 70

スコア詳細を見る

大城あかねや野呂奈津子の4アンダーなら驚かない。しかしトップはなんと白戸由香の7アンダー、65! これは女子ツアーではあまり例のないスコアだ。もちろん大会コースレコード。これまでは68が記録だったから、一気に塗り替えてしまったことになる。

白戸はこれまでベスト10にも入ったことのない38歳。実業団(日立)でソフトボールもしていたが、引退してゴルフを始めたのは20歳から。「友人からすすめられたんですが、見るとやるとは大違いで、ここまでくるのは大変でした。プロテストは一発合格でしたが、この5年間、全試合に出られるようになったのは今年が初めてです」

白戸はインからスタートして出だしをボギー。しかし11番から4連続バーディ。またアウトに回ってからも1番2番、5番6番と連続バーディ。4~5メートルのバーディパットがスコスコ入った。

2位グループには実力派大城あかね。「最近になくパターが良かった。アイアンはあまり良くなかったんですが・・」 昨日のプロアマは雨でグリーンが重かった。それがイメージにあって、今日も最初は打ちすぎたが「打つことより、きれいなストロークを心がけていったらよく入るようになりました」

橋本愛子はまだ調子が出ていない。バーディ1つ、ボギー5つの76。「ショットのミスはあったけど、まぁまぁ自分で納得のいくゴルフでした。ただパットが悪かった。重いのを知っているのに強く打てなくて・・・」
「久しぶりの試合」という感じはなかったという。「1番に立ったとき、ああ、いつもの雰囲気だなーと思いました」 帰ってきた橋本愛子。はやく本来の橋本を取り戻してほしい。


特集SPECIAL

プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには川﨑志穂プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~