ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

横峯が首位浮上!3打差で有村が追う

千葉県にある千葉廣済堂CCで行われている国内女子ツアー第11戦「廣済堂レディス」の2日目、この日も時折小雨が降るあいにくの天気となったが、風は無く、スコアを伸ばすには絶好のコンディションが整った。

最終組は、今季好調の有村智恵横峯さくら、そしてキム・ソヒ(韓国)が同組で回る。1番ホールは、有村と横峯が共にバーディ。2人とも序盤から切れのあるゴルフを見せつけたが、この日は横峯の方が一枚上手だった。

<< 下に続く >>

3番で4mを沈めて有村に追いついた横峯は、4番、6番、7番とショットを1ピン以内に絡めてバーディを積み重ねる。逆に序盤の有村は、「距離の感じを考えすぎて、振り切れていない所があった」と、グリーンを外してのアプローチが続く。「獲りやすいホールなのに、はがゆかった。そこで一気に横峯さんの勢いに負けてしまった」と、前半は一つスコアを伸ばすに留まった。

後半も3バーディを奪った横峯は、ピンチらしいピンチもなく8バーディノーボギーの「64」。06年に記録した自己ベストにならぶ好スコアで通算12アンダーとし、単独首位に浮上した。一方の有村は、6バーディ2ボギーの「68」。2つのボギーは共に1.5mを外しての3パットともったいないものだったが、首位の横峯と3打差の通算9アンダー、単独2位で最終日に逆転を目指す。

「3打差は有って無いようなもの」という横峯に対し、有村は「相当頑張らないと追いつけない」と、どちらも気を引き締める。最終日も同組となり、2人は3日間続けての直接対決となった。

その他、通算8アンダーの3位タイに続くのは若林舞衣子竹末裕美の2人。通算5アンダーの5位タイに、三塚優子ら5名が続いている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!