ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

全美貞が単独首位に浮上 堀奈津佳、飯島茜が4打差3位

2013/06/28 17:37

◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 2日目◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6516ヤード(パー72)

初日自己ベストの「64」をマークして単独首位発進を決めた比嘉真美子が「73」とスコアを落として後退する中、全美貞(韓国)がその座を奪った。4アンダーの4位タイから出ると8バーディ、ノーボギーで通算12アンダー。2位のテレサ・ルー(台湾)に3打差をつけ、今季2勝目へ最高の位置で決勝ラウンドに入る。

<< 下に続く >>

トップから4打差、8アンダーの3位タイに堀奈津佳飯島茜。7アンダー5位タイに比嘉と成田美寿々が続いている。横峯さくらはこの第2ラウンドで3つスコアを伸ばし、通算4アンダーの19位タイとして99試合連続の予選通過を果たした。

<先週のリフレッシュ効果? 全美貞はパット復調から猛チャージ>

スタート時に4ストロークあった首位の差を早々に詰め、肩を並べたのも束の間。全は一気に抜き去り、そして突き放した。

「特に何も変わっていないけど、パットが入っただけ」。序盤の2番で2.5メートルのチャンスを決めたのがチャージの狼煙。4番(パー3)、5番と連続バーディを奪うと、さらに7番、8番(パー5)と再び連続で伸ばし、着々と独走態勢への準備を整えた。

後半も14番(パー5)で5メートル、さらに15番(パー3)では8メートルのロングパットをねじ込み、上昇の流れは止まらない。最終18番(パー5)も3打目を1メートルに絡め、会心のラウンドを悠々のバーディフィニッシュで締めくくった。

先週はオープンウィークに充てて韓国に戻り、「美味しいものを食べて、しっかり休めた」とリフレッシュ。帰国前はパットに悩みを抱えていたが、「ぜんぜん練習もしなかった」とゴルフを忘れ、一時の休暇を楽しんだ。そのことも、今週のパット復調に繋がったのか。「逆に、今週は(パットの悩みを)考えずに打てるようになった」と好調時のフィーリングを取り戻し、今季2勝目への足場を固めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アース・モンダミンカップ

GDO パーソナルサービス

GDO パーソナルサービス
選べるモバイルサービス。見たい時にいつでも見れる、GDOモバイルのニュース速報。石川遼オフィシャルモバイルサイト。GDOポイントが貯まる、ゴルファーのためのGDOカード。通常プレーすることができないゴルフ場が予約できるGDOプレミアム倶楽部。GDOが主催するレベル別の競技イベント、各コンペなど、あなたのゴルフライフをサポートとします。



特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!