ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

藤田幸希が抜け出し単独首位 佐伯三貴、リュー・ソヨンが2打差2位

2013/05/10 17:09

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 2日目◇茨城GC西コース(茨城県)◇6669ヤード(パー72)

4アンダーの首位タイから出た藤田幸希が3ストローク伸ばし、通算7アンダーとして単独トップの座についた。2打差の5アンダー、2位タイに目下賞金女王の佐伯三貴と韓国のリュー・ソヨン。3アンダー4位タイに森田理香子フォン・シャンシャン(中国)、O.サタヤ(タイ)、茂木宏美の4選手が続いている。

<< 下に続く >>

大会3連覇を狙うアン・ソンジュ(韓国)は一ノ瀬優希不動裕理飯島茜、16歳アマのリディア・コー(ニュージーランド)らと並び通算2アンダーの8位タイ。米ツアーメンバーの宮里美香モーガン・プレッセルと、2週連続優勝への期待がかかる横峯さくら原江里菜らが1アンダーの15位タイで決勝ラウンドを迎えることになった。

<藤田、海外勢を抑えての首位折り返しに「自信になる」>

風邪の症状もピークを過ぎ、初日とはうって変わって笑顔が目立った会見の席。「(雨予報の)明日のために貯金が作れるように1つでも伸ばせればいいと思っていたけど、思ったよりも伸ばすことができた」。5バーディ、2ボギーのラウンド内容に満足の表情を浮かべた。

今週開幕前に、佐伯三貴から2メートルのパットの重要性を説かれ、長く続いていたパットの悩みが払拭。「2メートルが残ると、三貴さんの声が聞こえてくるようでした。“これは大事なパターなんだ”と集中できましたね。今日も何回もありました」。初日に引き続きパットは好調、ショートパットの目立った取りこぼしも無し。さらに、開幕から好調が続いているショットも日が経つにつれて上向きだ。この日計測されたドライビングディスタンス(4番と11番)は、平均287.5ヤードで全出場選手中トップ。体調の回復とともに、初日にも増してショットとパットが冴えを増している。

海外から参戦する多くの強豪たちを抑え、単独首位で迎える決勝ラウンド。「すごく自信になります。最近は良いスコアで回れていなかったので、楽しい気持ちとワクワクする気持ちですね」と、メジャーの舞台での優勝争いに気持ちも昂ぶる。この好調を築いた立役者の1人である佐伯と、明日は最終組での直接対決。「(お礼は)当然だと思うので、明日はそのへんの相談も出来れば・・・」と会見場を笑いで包んだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!