ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら、猛追で優勝戦線に浮上!

石川県にある片山津GC白山コースで行われている国内女子メジャー第2戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」の3日目。朝方わずかにぱらついた雨もすぐに止み、この日も穏やかな暑さとなった。週末に入り、ギャラリー数は10,856人を記録。最終組で回る韓国の3選手に、一組前で回る横峯さくらが猛チャージをかけた。

2日目を終えて、通算イーブンパー・6位タイの横峯。この日も1番パー5でバーディ発進とすると、2番、4番でバーディ奪取。3番で第2打をグリーン左奥のラフに外してボギーとしたが、9番でバーディを奪い返し、前半を3アンダーで折り返した。後半も2バーディを奪った横峯は、ピンチらしいピンチもなく、この日6バーディ1ボギーの「67」。通算5アンダーへとスコアを伸ばし、単独3位に浮上した。

首位に立つのは、初日から首位を守り続ける辛ヒョンジュ。この日も安定したドライバーショットを武器に、4つスコアを伸ばして通算10アンダーとし、完全優勝に前進した。

単独2位は、韓国の申智愛。辛と同じく「68」の4アンダーで通算6アンダーとし、4打差で続いている。また、上田桃子は3つスコアを伸ばして通算1アンダーの単独4位。宮里藍は最終ホールで唯一のボギーを叩いたが、「良いプレーが出来て納得しています」と、1つスコアを伸ばして通算2オーバーの8位タイに浮上している。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。