ニュース

国内女子CAT Ladiesの最新ゴルフニュースをお届け

三塚優子が単独首位! 桃子、さくらは無難な滑り出し

神奈川県にある大箱根CCで22日(金)、国内女子ツアー第23戦「CAT Ladies」が開幕した。雨こそ降らなかったもののスタート時から厚い雲が覆い、最高気温は17度と肌寒ささえ感じる中での幕開けとなった。

その初日、好調なスタートを切ったのは三塚優子。スタートホールの1番パー5で10メートルのイーグルパットをねじ込むと、その後5番、7番、10番でもバーディを奪取。さらに11番パー4では、残り84ヤードのセカンドショットを直接カップイン! 「初めて」という1日2イーグルをマークし、首位を快走する。その後もバーディを重ね、一時はパー73設定での18ホール最少ストローク記録となる9アンダーまで伸ばしたが、17番、18番で連続ボギーを叩き、最終的に7アンダーでフィニッシュ。それでも2位に2打差をつけ、単独首位で初日を終えた。

5アンダーの単独2位には、後半にスコアを伸ばしたイ・ジウ(韓国)。4アンダーの3位タイには、「パットに助けられた」という古閑美保全美貞中田美枝の3人が並んでいる。ディフェンディングチャンピオンの横峯さくらは、13番でイーグルをマークするなど見せ場をつくったが、「波に乗り切れなかった」と2アンダー止まり。10位タイにつけている。上田桃子は、改造中のパットに「まだ、しっくりきませんね」と手探り状態のラウンドながらも、1アンダーの17位タイにつけている。

また、この日、同組でラウンドした渡辺聖衣子と辻恵美子がともにホールインワンを記録。同一トーナメント、同一日、同一組でのホールインワンは、1997年の「サントリーレディースオープン」以来2度目となる。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 CAT Ladies




特集SPECIAL

2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。