ニュース

国内女子ヤマハレディスオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

山口裕子が単独首位! アンダーパーは僅かに4人

2008年国内女子ツアー第4戦「ヤマハレディスオープン葛城」が4月4日(金)、静岡県にある葛城GC山名コースで開幕した。快晴、微風と絶好コンディションに恵まれたが、午後になり少しずつ吹いてきた風と合わせ、難度の高いコースセッティングが選手を苦しめる。アンダーパーをマークしたのは僅かに4人と、各選手とも耐えるゴルフを強いられた。

その中で3アンダー単独首位に立ったのは、5バーディ、2ボギーでラウンドした山口裕子。後半を2バーディで乗り切り、2001年以来の勝利に向けて好スタートを切った。1打差の2アンダーで追うのが上原彩子。10ホールを終えた時点で4アンダー、単独首位を走っていたが、後半に入り急ブレーキ。3つのボギーを叩くなど後味の悪いフィニッシュとなったが、何とか優勝争いに踏みとどまって初日を終えている。

アンダーパーで初日を終えた残る2人は、1アンダーの3位タイで終えた辛ヒョンジュ(韓国)と福嶋晃子。イーブンパーの5位タイには、後半にスコアを伸ばした古閑美保諸見里しのぶ有村智恵らが続いている。また、プロが悲鳴を上げるコースセッティングながら、アマチュアの森田理香子が大健闘。1オーバーの単独9位と、上位争いを演じている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ヤマハレディスオープン葛城




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。