ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

最終日は雨の為、競技中止!上原彩子が通算2勝目を達成

高知県の土佐カントリークラブで開催されている、国内女子ツアー第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」の最終日、前日からの予報どおり朝から激しい雨が降り、スタート前に10番からの9ホール競技への短縮が決定。7時30分に一旦スタートしたものの、すぐに雨の為競技は中断。その後、12時に再開したが、今度は14時15分に再び雷雲の接近と雨の為中断となり、再開の目処が立たない為、14時37分に競技中止が決定した。

競技は前日までの36ホールを持って成立となり、上原彩子が通算2勝目を飾っている。2位タイは米山みどり黄アルム(韓国)の2人。古閑美保新崎弥生が4位タイに続いている。最終日の競技が中止となったのは、07年のスタンレーレディス以来。規定により、この試合の賞金額の75%が賞金ランキングに加算される。

<< 下に続く >>

<最終組はスタートすら出来ず>

通算9アンダー、2日目を終えて2位に5打差をつけていた上原にとっては、18ホールから9ホールへと短縮された時点で、優勝の確率は格段に高まった。それでも、「最後まで何があるのか分からないのがスポーツ。気は抜いてなかったです」と静かにスタートを待っていた。

再開後、最終組がスタートする20分程前に再び強い雨が降り始める。そして、いよいよ最終組が出るという直前で、中断を知らせるサイレンが鳴り響いた。そして、競技はそのまま中止へ。LPGAの規定では、最終日に全選手がスタートさえ切れば、賞金ランキングへの加算額は75%でも、選手へは100%の金額が支払われる。あと数分の差だったが、上原は「全額貰ったら、3日間やってないくせにあんなに貰って!とブーブ-言われるだろうし、これで良かった」と微笑んだ。

昨年の「フジサンケイレディス」でプロ入り初優勝を飾り、今季2試合目で早くも2勝目。グリップから全体的にすべてスイングを改良中で、3月は間に合わないだろうと割り切っていたというが、「今取り組んでいることが優勝に結びついたので、自信になる。今後に向けて楽しみだし、期待感がある」と喜んだ。

<あいまいな協会の判断に福嶋は憮然>

朝から強い雨が降り、午後には雷の予報も出て天候が回復する目処もないままスタートさせた協会の対応に、福嶋晃子は憮然とした。「あれだけ待たせて出したのだから、最後までやらせて欲しい。長い間やっているけど、今日の判断には納得がいかないですね。雷が来るのが分かっていて、私もどうなのかなって思って出たけど…」と疲れた様子を見せた。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!